少しガッカリするけど、そこまで気にしません

未分類

我が家のガチャガチャ本体の思い出はやっぱり子供たちが好きな戦隊ヒーローのおもちゃのガチャガチャですね。
ガチャガチャ回して違う五種類を全て集めると、ロボットを組み立てられるというもの。
それぞれでもとりあえずは遊べるのですが、全種類集めたらもっと楽しいというやつです。
でも、最初の一回は全然何も気にならずにやらせられるから良いのです。
二人に一回ずつやらせるのも、決して迷いはありません。

まあ二人とも同じのが出てしまうと少しガッカリするけど、そこまで気にしません。
1回目はいつも、やりたいならどうぞ、と小銭を気前よく子どもたちに差し出したものです。
けれど、その次からが問題なのです。
1回目で運良くガチャガチャからは二人に別のおもちゃが出て被らなかったので二種類出たものの、その次って、もうかぶる確率が高いですからね。
五種類のうち、出て子どもたちが嬉しいのはもう三種類だけなのですからやらせてもがっかりされる確率も高くなる訳です。
それを思うと、ガチャガチャ本体の中をまた同じ種類が出てしまわないかどうか、とじっくり見ることになります。

いくら見ても確実ではないけれど、ガチャガチャ本体の中古や通販、またカプセルの残りが少ないと、次はあの色のカプセルが出るなとか予想します。
このガチャガチャ回しても、多分かぶるからやめな、とか子どもたちに話していたものです。
でも、ガチャガチャって子どもたちにとってはとにかく欲しいものが出るイメージが強いのでしょう、ガチャガチャ本体を見つけるたびに必ずやりたがって困りました。
特に全種類集めていない戦隊ヒーローもののガチャガチャはすごくやりたがってました。

ガチャガチャなんて、運試しみたいな所があるから私は大人になったらあまりやらなくなったのです。
まあ、一度だけ子どもが欲しいならとやらせてみた時は、四回連続で同じものが出て相当凹みましたけどね。
小銭が余ってない時にはガチャガチャ見つけるとなんとか子どもに気付かれないようにと願う母親になりました。