育毛剤を使用する以外にも、薄毛や抜け毛を予防する方法は存在する

薄毛を予防する方法は、育毛剤だけじゃない!

育毛剤は薄毛になる前に使用しても良いのか?
薄くなってしまった頭髪を、ふさふさの状態に戻すために現代においては年齢、性別問わず多くの人が育毛剤を使用しています。育毛剤は薄毛の状態から髪の毛を生やす際には有効な手段であるというのは、おそらく大抵の人の脳裏に浮かんでいることでしょう。ここでポイントとなるのは、【育毛剤は薄毛になってからでなく、薄毛を予防する目的でも使用できる】ことです。髪の毛が薄くなってもないうちから育毛剤を使う必要などないじゃないかと思う人もいるでしょうが、数ある薄毛対策の中でも、【薄毛予防のために育毛剤を使用する】のは、立派な薄毛対策の1つなのである。ならいつごろから予防を始めればいいのか? ただちに育毛剤を頭に塗ればいいというわけではなく、薄毛予防を開始する時期はだいたい決まっています。

 

薄毛になるまでの過程とは
そもそも、薄毛はある日突然始まるわけでもなく、たった2〜3日の間に髪の毛がごっそり抜けてしまうわけでもありません。最初は髪の毛が細くなっていくことから始まり、そこからだんだん抜け毛が増加し、最終的には毛根から髪の毛が生えてこない脱毛症に至るのが、一般的な薄毛に至るまでの過程とされています。この過程を見てもらえればわかると思いますが、M字ハゲにせよ頭頂部の薄毛にせよ、「誰が見てもわかるような薄毛」の状態になるまでには様々な兆候というものが存在します。具体的には、【額の生え際が、微妙に後退しているように感じた】ときが薄毛のはじまりでもあり、薄毛予防にとりかかるべき時期です。これ以外でも【髪の毛が細くなった】、【抜け毛の本数が増えた】ような直接毛髪がかかわる事や、【アルコールを多く飲む】、【睡眠時間が不規則】といった日常生活の乱れ、【頭皮にかゆみがある】、【フケが多い】という頭皮の問題など、薄毛が始まる兆候は多く存在します。薄毛も病気と同じで、予防・改善のカギは【早期発見・早期治療】です。そのため、薄毛の兆候を感じた時点で育毛剤をはじめとした薄毛予防を行う事で、結果として

 

毎日の入浴で使うシャンプーを変えれば、薄毛予防ができる?
しかし薄毛予防と言っても、具体的に何をすればいいのか? おそらく大半の人は「育毛剤を使用する」と答えるかもしれません。もちろん育毛剤の使用も薄毛予防には欠かせませんが、誰でも開始できる予防策として、【育毛シャンプーの使用】があります。シャンプーの中には強い洗浄力を持つものもあり、洗浄力が強すぎると頭皮の潤いを維持し、乾燥を防いでくれる必要最低限の皮脂すらすべて洗い流し、結果として頭皮が乾燥することで毛穴の機能が低下し、薄毛や抜け毛を促進してしまいます。さらにシャンプーが使用者の体質に合っていなければ、頭皮にダメージを与えてしまう事もあります。一般的なシャンプーは頭皮や毛穴の汚れを落とすことには向いているものの、頭皮のケアをするには向いていないものが多いのです。その点、育毛シャンプーなら余分な皮脂のみを洗い流してくれるため、雑菌などが毛穴に侵入するのを防いでくれるだけの皮脂は残り、頭皮にもリスクがありません。また、シャンプーは1日1回ていどの使用が適切で、それ以上は洗いすぎになるためおすすめできないとされています。

 

マッサージで血の巡りを改善し、薄毛を予防しよう!
育毛シャンプーで頭を洗った後は、ドライヤーで髪を十分に乾かしてから育毛剤を塗り込むわけですが、ここでも薄毛予防における重要なポイントが存在します。それはずばり、「マッサージ」です。薄毛の原因の1つに頭部の血行の悪さがあるため、育毛剤の使用とマッサージを同時に行う事で、より高い確率で薄毛の予防が可能になるのです。マッサージを行うにおいては【ツボを刺激する】ことが重要です。特に薄毛予防に有効なツボとしては、「百会(ひゃくえ)」があります。これは頭のてっぺんにあるツボを指しており、厳密な位置は両耳と鼻の延長線の交点になります。この百会を刺激することによって頭皮の血行の状態は改善され、ストレス解消にも効果的と言われています。さらに、首の後ろの生え際の部分にある「天柱」と呼ばれるツボも薄毛予防には効果的で、ここを刺激することで百会と同じように血行の改善が期待できるのはもちろん、首や肩のコリも改善できるおまけつきです。百会と天中をマッサージすることで血行が良くなれば、髪を成長させるために必要な酸素や栄養素が毛母細胞にしっかり行き届くことになるため、結果として薄毛予防が期待できるというわけです。これらのツボを刺激する際には指の力が強くなりすぎないように気を付け、やさしくマッサージするのがコツです。